top

すっばらしいアフィリエイト記事が書けたらオレだって今頃100万円くらい!
なんて思いながらもいっつも書く記事がブレブレになっていませんか?

いつも順位が上がらないから「このままの記事で良いんだろうか?」「手法が古いんかな?」って迷いながら仕事の休憩中に検索。今、巷でよく言われているのが

  • ユーザーの事を考え抜いた記事を書け
  • 権威性が大事
  • 文字数多め(もう古い?)
  • 共起語をふんだんに

言ってることは分かるけど、実際のやり方とかよく分かりませんよね。これだけ聞いて全部取り入れようとしたらどんなカオスな記事が出来上がるか自分でも心配になります。

そこで紹介したいのが「商標ライティングマニュアル」です。
販売者はTwitterやアフィリノオトでアフィリエイト業界では超有名ななかじさん。限定100人の商標ライティングマニュアル1回目の販売を開始10分、カウントダウンを見る限りトップ10の速さで購入しなかじさんに去年1年間で約10万円(*1)のお布施をした私がご紹介します。
*1毎月の購読料約4000円とPSW27800円と商標ライティングマニュアル代

商標ライティングマニュアルを買うメリット

もう調べるのは辞めた

上で書いた仕事の休憩中に記事の書き方を調べていたのは実際の私です。
私は副業アフィリエイターで仕事中の休憩中にも案件などのチェックをしていました。

でもなかなか思い通りに上がってくれない記事も多かったので「商標サイト 記事 書き方」なんて調べては情報を取り入れていました。
取り入れている気になっていただけなんです。色んなサイトから色んなポイントだけピックアップして真似るように書くから支離滅裂状態。

商標ライティングマニュアルを買った当日から記事の書き方で迷うことは辞めました。
なぜなら結果を出しているアフィリエイターが作っている記事の書き方だから。
設計図に書かれている文章を丸っとコピーしませんがニュアンスは幾らでもパクれます。真似すればそのまま、なかじさん品質の記事が出来ると言っても過言ではありません。

これだけで十分ですがはっきり言ってお金を出して見てるのだからネットよりも信用出来ると思って迷いが消えているプラシーボ効果もあると思います。

入れるべき情報がはっきりと解説されている

ネットで記事の書き方を調べていた時は抽象的な言葉で書かれていたので読み取って頭の中で考える必要がありましたが商標ライティングマニュアルでは全く必要ありません。全てが詰まった仮想のサイトサンプルを見ることが出来るからです。

しかも特に迷うポイントも無く「あ、ここに入る情報はコレね」とわかりやすく書かれています。

研究大好きアフィリエイターさんは買う必要はない。
アフィリエイターの参考書はネットにいくらでもあります。アフィリエイト情報サイトもあれば「商標+キーワード」で検索すれば記事の書き方はいくらでもでてきます。研究熱心なアフィリエイターは買う必要はありませんが時短したい場合や記事に自身が持てない方は商標ライティングマニュアルを買うべきです。

どのサイトでもほぼ使用出来る

商標ライティングマニュアルで使われている架空の商標は健康系食品です。食品系、健康系にしか使えないということは一切ありません。なかじさんは「ライティングの型」と言っていますがどういった流れで書くべきなのかが細かく書かれているので商品であってもサービスであっても男性向けでも女性向けでも問題なく型を適用させることが出来ます。

細かい文章の言い回しは必見!

ハッキリ言って商標ライティングマニュアルのサンプルサイトは初心者がそのまま盗めるくらいにシンプルです。でも、文章の言い回しはなかじさんが普段からTwitterで呟いていることがしっかりと反映されていて特に言い回しは今までの私の品質では考えられないくらいシンプルで伝わりやすいです。


ココらへんのツイートほんと好き。

ハッキリと断言します。
長年記事の品質で迷われている人ほど変な癖があります。「~ということ」「~なのでオススメです」「~と思います」とか多様していませんか?
オススメって何が?

ということってどういう事?
断言出来ない情報を掲載しているの?

なかじさんの商標ライティングマニュアルが100点満点の記事品質とは言いませんが真似するだけで月収300万オーバーの型が手に入るなんて勉強代として高くないと思って買いました。ということでオススメだと思います。

商標ライティングマニュアルのデメリット

Hタグとか自分で考えれば良いじゃん

コピー防止のためサンプルサイトは画像での確認になります。HTMLを覗くことは出来ないため超詳細に解析する事は出来ません。
マニュアルの中で「ここはh2タグです」とか指示されている訳ではありませんので読み解くしかありません。細かい私は最初の頃はh2タグとh3タグを見分けるのに必死になっていました。確実に真似しようとしていたからです。(マニュアルを買う人はhタグの順序もちゃんと真似したいでしょ?)
今は予想で作ったhタグの流れを変更せずに真似しています。

結局商品情報は調べる時間はかかる

当たり前ですが商品の詳細はしっかりと確認しなければいけないので検索している時間も長いです。記事を作るよりも検索している時間が長いかもしれません。それも結構細かく見ていくので慣れないうちはちょっと手間でした。慣れてしまえば単純な作業で抜き出すデータを揃えることが出来るので問題ないです。

どのサイトも似たような見た目になる

設計図どおりに作るのがモットーなので設計図が一緒なら商標は違っても見た目の点では似てしまいます。

1サイトに商標記事が数ページだけという場合には全く問題にはならないですが私の場合は1個のサイトに何百個も商標を入れていたため最初は迷いました。「同じようなレイアウトで作ってペナったら面白くない」と思っていたからです。そんなサイトでも成果が出ている記事から片っ端にテコ入れして3日後には順位の上昇と成果のアップを確認しているので特に問題にはならなかったようです。

商標ライティングマニュアル、恐るべしです。今までの手法を全て捨てる覚悟だったんですが全く問題なく適応出来ました。

本当は売れてほしくない

本当は売れるアフィリエイトサイトの作り方なんて僕以外には手にしてほしくありません。皆で使ったらシリウスの時みたいにどのサイトも同じような見た目で嫌だし。オリジナリティに時間かけなきゃいけないじゃん。
それでも商標ライティングマニュアルを使ったサイトが増える事は特に支障が無いと判断してご紹介します。増えてきたら私自身も技術とかテンプレートとか盗ませて貰いたいですし。

こんな人こそマニュアルを買え

  • 副業アフィリエイター
  • 記事の書き方で毎回悩む人
  • 商標記事が上がらない理由を少しでも消したい人

私は以前、1.5万文字くらいある商標サイトの見出しをパクって記事を書いたことがあります。めちゃくちゃしんどくて10記事と書けませんでした。外注しようか迷ったくらいに1記事に書く労力が増えすぎていたんです。今のSEOでは仕方ないとも思っていましたが副業アフィリエイターには辛かったんですね。
そこにちょうど良いタイミングでなかじさんの「商標ライティングマニュアル」の発表。タイピングスピードが遅いわけでは無いのでテンプレート的な物があれば記事作成がサクサク進んで月収倍増とニヤニヤしながら発売日を待った記憶があります。もちろん、金額の発表が無かったのでギリギリまで迷いました。「これくらいなら即決してもいい」と思っていた金額より安かったため販売開始から10分で即決購入です。

見てビックリ。「1.5万文字も書いてないけど必要な情報は全部書かれているし。」「え、広告タグってここにも入れるの?」「こんなもんで良いのかよ。」
すぐに1記事真似して新しく書きました。だって簡単に真似出来たから。

真似してビックリ。
「え、オレって語尾にこんなん付ける癖があったんや。」「あら、こんな所から情報抜き出して書くの?」「アフィリエイターってPCの虜よね」
言ってること分からないかもしれません。僕の中では商標ライティングマニュアルよりも「商標サイト矯正マニュアル」です。
悪い癖を全て矯正してもらった気分でした。値段が安いかどうかは人それぞれですが長く記事作成をやっている人ほど買うべきで時間を取りにくい人ほど真似したほうが良いです。

この商標ライティングマニュアルを使って上がらないなら記事以外の他の要因だと考えるようになったので精神的に得たものは非常に大きかったです。
購入を迷っている方は買わなくても良いです。ライバル増えるし。
でもうだうだと情報だけ取り入れるのはそろそろ辞めて手を真面目に動かしたいという方はすぐにでも買うべき2019年のベスト指南書です。

タイトルとURLをコピーしました